更年期障害の症状と治療法 悩む必要はありません

中高年の女性からよく聞かれる言葉「そろそろ更年期かしら…?」

 

年齢と共に体調に変化が見られ、少しの不調でも「もしや…」と思われて不安になる方
も多く、その時期が来たのだという残念な気持ちと、今まで経験した事が無い
イライラやほてり、めまい、食欲不振など様々な症状が出るのが更年期障害です。

 

近年では女性だけでは無く、男性でも悩んでいる方がいる症状です。

 

実際まだ経験していなくても、「とても大変」「しんどい」というイメージは持っている
と思われます。

      更年期障害漢方薬

 

でも、更年期障害は殆どの女性が経験する症状であり、きちんとした知識と
治療法を知っていれば、必要以上に恐れる必要はありません。

 

重要なのは、更年期障害を知り、どの様に対策(治療)をしていくか
正しい情報を把握しておくことです。

 

当サイトでは、更年期障害に関する最新の情報を公開し、
対処方法や副作用の無い治療方法、お薦めの漢方薬などを
ご紹介致します。

 

更年期障害とは?簡単に説明すると。。。

 

更年期障害とは加齢に伴って、ホルモンの分泌量が減少して心身に不調を
きたすものであり、自律神経失調症の一つと言われています。

 

ある程度の年齢になると、閉経や月経不順・不正出血などの婦人特有の
現象が起きます。
これが、更年期障害の兆候の目安となります。

 

では、具体的にはどのような症状があるのでしょうか?

 

全身的症状としては、ほてり・のぼせ・動悸・脈が早くなる・めまい・沢山汗をかく等。
運動器官系症状…肩こり・手足のしびれ・腰痛。
精神的症状・・・イライラ・うつ・不安・神経質・睡眠障害・意欲低下。
生殖器系症状…月経異常・不正出血。
消化器系症状…吐き気・嘔吐・食欲不振。

 

上記が更年期障害な主症状です。

 

更年期障害の原因は?何故なるの?診療科は?

 

その原因としては、今までの無理なダイエットや不規則な生活と食事・
環境の変化やストレス・加齢などの多くの原因が考えられ、1つだけでは無く、
複数絡み合う事が原因とも言われています。

 

 

大体の人が更年期障害の治療=婦人科と思われているのではないでしょうか?
勿論、正解なのですが、婦人科以外でも「更年期障害専門外来」という
専門の診療科もあるので、自分で対応・対策が難しいと感じた時は、最寄りの病院で
この様な専門外来がないかを確認しておくと安心です。

 

更年期障害の治療方法

 

病院で行われる治療法としては、

主にホルモン注射・服薬・ジェル・貼る(パッチ)の4種類があります。

 

 

病院では、ホルモン注射と飲み薬の処方が主な治療方法です。
ホルモン注射はその名のとおり更年期障害で減少した
女性ホルモンの分泌量の減少を補うものです。

 

飲み薬になると、抗精神薬(抗うつ剤)や抗不安薬(精神安定剤)が主流です。

 

他には、漢方薬でも症状別によって処方される場合があります。病院では
既存の漢方薬が出されます。

 

ただし、抗精神薬の場合、希に慣れるまで吐き気を伴う薬もあり、即効性もありますが
副作用も出やすい為、まず薬に慣れるまで少し苦しい思いをするかもしれません。

 

上記の様に病院で診療した場合、ホルモン注射や精神安定剤が主な
治療法になるのですが、人によっては、その反発(副作用)を気になさる方もいます。

 

その点、漢方薬の場合は、薬の用にすぐに効果が出ないものの、
副作用も少なく、体全体を治療していく方法なので、比較的安心し
多くの方が取り入れている方法です。

 

 

ただ、漢方薬の場合、値段が高い・苦くて飲みずらいという事もあり、
最近では大手食品メーカーが製造する健康食品も人気があり、口コミで
使用する人が増えています。

 


更年期障害で悩む多くの人がおすすめする
副作用が無いサプリメント

 

                   

 

更年期障害漢方

 

更年期障害治す 

 

更新履歴