更年期障害で物忘れは増えるのか?

「50歳を過ぎてから、急に物忘れが激しくなった」「閉経して以降、物忘れが多くなった気がする」。こんな症状に悩む女性が増えています。更年期障害には様々な症状が出ますが、実は物忘れもその一つなのです。更年期と物忘れの関係について解説します。

 

更年期で物忘れする理由

 

 

・女性ホルモンの低下
閉経すると、女性ホルモンのエストロゲンが減少します。エストロゲンは肌や髪をキレイに保つなどの女性らしさを助けるホルモンですが、脳の記憶をつかさどる部位にも影響しています。更年期に物忘れが激しくなり記憶力が低下するのは、このエストロゲンが減少することが原因だとされています。

 

・エストロゲンの働き
エストロゲンは脳の血流をよくして、神経細胞を活性化し神経伝達物質の分泌を促す働きがあります。このエストロゲンの働きにより、脳の記憶をつかさどる海馬が活性化するといわれています。更年期を迎えてエストロゲンの量が減ると、様々な症状が出てきます。物忘れが多くなり、計算が苦手になり、新しいものごとを覚えることも難しくなるといわれています。

 

 

痴呆の前兆?

 

・物忘れと痴呆の違い
更年期と同時に物忘れが始まった場合、ほとんどが単なる老化現象の一つですが、まれに痴呆症の初期症状のケースもあります。物忘れと痴呆の違いとしては、例えば朝食のメニューを思い出せないのが物忘れですが、朝食を食べたこと自体を忘れてしまうことが痴呆だといわれています。物忘れは「忘れた」ということは覚えていますが、痴呆は経験そのものが抜け落ちるため、「忘れた」という自覚がありません。このような場合はすぐに専門病院に相談しましょう。

 

 

 

更年期による物忘れ対策

 

・ストレスを解消する
更年期だからといって、落ち込むことはありません。積極的に外に目を向けて活動するようにしましょう。軽い運動をしたり、趣味に打ち込んだり、ショッピングをするのもいいでしょう。お友達とお喋りして、美味しいものを食べるだけでも気分転換になります。

 

・脳のトレーニング
夜寝る前に、その日にあった出来事を思い出すようにしましょう。スマホなどのメモ機能を使って日記を書いてもいいですが、できれば自分の手で書くほうが漢字を覚えるトレーニングになります。ノートタイプのスケジュール帳を携帯して、予定などと一緒に日記をつけたりするのもよいでしょう。

 

・食事に気をつける
肉中心の食事をやめて、青魚を多く取り入れるようにしましょう。サバやサンマなどの青魚に含まれるDHAやEPAは、脳の神経伝達物質を活性化させる働きを持って