田七人参が更年期障害に効果的な理由‐お薦めの漢方サプリメント

白井田七とは?

 

白井田七って聞いたことありますか?まずこれは、どうやって読むんだろう?、て思いますよね。読み方は、「しらいでんしち」です。これは、サプリメントの商品名なんです。サプリメントは世の中にはたくさんあります。美容系、健康系、メンタル系、いろいろありますね。この白井田七は一体どういうサプリメントなんでしょうか。
これは、更年期障害に効果のある、今話題のサプリメントなんです。
サプリメントは、ドラッグストアやネット、通販など、様々な場所で手軽に手に入ります。この白井田七もネットで購入することが出来ます。楽天市場では、ウィークリーランキング第1位にも選ばれた、優秀なサプリメントです。
では、そんな白井田七がどんなサプリメントかお話ししましょう。

 

 

白井田七の特徴 凄いところ

 

白井田七は更年期障害に効果のあるサプリメントです。
更年期障害は、年齢と共にホルモンバランスが乱れ、息苦しくなったり、自律神経が乱れて落ち込んだりイライラしたり、さらに基礎代謝の減少から急に汗をかいたり、寒気がしたりと、本当に様々な不調がみられる症状です。こういった症状をもたらす更年期障害は年齢と共に起こる症状のため、風邪などのウイルスのような病気というわけでもないので薬を飲めば数日で治る、というわけにはいきません。様々な角度から、不調を治していく必要があります。
そんな更年期障害にゆっくりと、しかし確実に効果をみせてくれるのが、この白井田七というサプリメントです。
このサプリメントは和漢の力、田七人参のパワーを秘めているということが特徴です。
田七人参は中国の過酷な環境の高山に育ち、土壌にある栄養を残らず吸収して育つ、お金には変えられないほどの価値のあるもの、として長く中国で伝えられてきた貴重なものです。
その田七人参をサプリメントにすることによって、めぐりを良くするサポニン、女性に必要な嬉しい成分フラボノイド、リラックス効果のあるギャバ、それ以外にも24種類の成分がたっぷりと含まれています。その中でもサポニンはめぐりを良くする効果が高い成分で、このサポニンが田七人参に含まれている量は、高麗人参の7倍と言われています。
安全で天然成分のこのサプリメントは、体にも優しく、そして効果も抜群でおすすめです。

 

 

白井田七で更年期障害が楽になった人の口コミ

 

私が更年期障害で悩み始めたのは、こどもも大きくなって手が離れた頃でした。家事をしていて急に冷や汗のような汗が止まらなくなったり、激しい運動もしていないのに動悸が激しくなって止まらなくなったり。なんだかやる気が起きなくて家事に手がつかなかったり、人に会いたくなくて落ち込んだ気分になって何日か引きこもってしまったり。
年齢的にも更年期障害なんだろうなと思い、病院にも行きましたが、薬を飲み続けることにも抵抗があり、何か出来るだけ自然に治せないものかとネットなどで調べていたところ、この白井田七というサプリメントに出会いました。
和漢系だと飲みにくい味のものなどが多いのですが、これは錠剤で抵抗なくすんなりと飲めました。
そして、数か月飲み続けるうちに、少しずつ症状が軽くなってきていることに気が付きました。
急に効果がみられたわけではありませんが、確実に飲み始めてから症状が軽くなっていて、落ち込む日も減ってきました。
これからも飲み続けていきたいし、周りにもすすめたいと思います。

 

 

白井田七のサプリメントはサポニンを多く含んでいるので、コレステロールなどを除去して、血栓が体内に発生するのを抑制することができます。また血流を改善する働きがあるので、女性特有の冷え性などにも効果があるとされていて、高麗人参などにも多く含まれているので古来より健康成分として知られていたものです。更年期障害は一般的には50歳以上の女性に多いとされていますが、現在では30代の後半から更年期障害の症状が出る場合があるので、婦人科などに受診をして検査をしないと診断するのが難しいとされています。主な症状としては、むくみや倦怠感、冷え性などで、これらに関しては生活の質が低下するほどの症状ではありませんが、精神的な症状として不安や緊張、イライラなどがあるので、仕事や家庭でも精神的に不安定になるので、仕事に支障をきたす女性の割合が増えています。更年期障害はほとんどの女性に症状が出るのですが、個人差があるので、専用の治療薬などはありませんが、精神的な症状には抗不安薬が効果的に作用するので、イライラの原因となる不安な気持ちを抑えることで健康的な社会生活を送ることができます。更年期障害は女性ホルモンのバランスが変化することで起きるのですが、対症療法が基本なので頭痛や肩こり、腰痛が起きた場合には解熱鎮痛剤などを服用して、精神的な症状には抗不安薬を投与することがあります。更年期障害の症状に関しては家族や職場の理解を得るのが難しいのが問題とされています。