更年期障害の症状-めまい

更年期の症状

 

更年期になると色々な辛い症状があります。人それぞれ違いはありますが、何かしらの更年期症状を、ほとんどの女性が体験しているのではないでしょうか。気になる症状の一つ、めまいについて、その特徴と改善方法をご紹介します。

 

更年期のめまいについて

 

辛い更年期の時期は女性にとって無視することは出来ません。色々な症状がある中でも、めまいはとても気分が悪くなり、一日寝込んでしまう事もあります。更年期になると、卵巣の働きが減少する為に女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。ホルモンの活動が減少していく為に、体には様々な症状が表れてきます。期間は個人差がありますが、閉経をする間を挟んで、約10年間ほど続くといわれています。平均的な時期としては。40代後半から50代前半が更年期の期間といわれています。めまいを頻繁に感じるようになったら、それは更年期の症状の一つです。その原因ですが、ホルモンの働きが減少する為に、更年期になると気が滅入ってしまうことがよくあります。突然不安になることなどもあります。これがストレスとなり、めまいが起きる要因になっています。ほかには、運動不不足で老廃物が体内にたまり、むくんでしまう事がめまいになることもあります。突然自分の周りがぐるぐると回り始めて、気分が悪くなる症状は、更年期の典型的な症状の一つです。立ちくらみなども危険な症状です。

 

めまいを改善する方法とは?

 

めまいを改善する為には、まず運動不足を解消することが必要です。簡単なストレッチなど、家でできることを続けましょう。加齢とともに基礎代謝も減少していきます。中高年になると、なかなかダイエットをしても痩せないのはそのためなのです。更年期になったらダイエットの目的とともに、体のめぐりを活発にするためにも定期的な運動をすることをお勧めします。そして大切な事は、栄養のバランスをとることです。更年期はホルモンの活動が減少する為に、女性には色々な症状が起きてきます。辛いめまいもその一つです。体をすっきりさせる成分がたくさん配合されたサプリメント、白井田七は更年期の方にもとても話題になっています。配合されている田七人参には、サポニンなど体のめぐりを活発にする成分の他にも、すっきり成分のブラボノイドが配合されています。そして体に必要なアミノ酸を十分に補う事で、健康維持と元気の元となるのです。更年期の辛いめまいを我慢する必要はありません。サプリを毎日飲むだけで心も体もすっきりとがんばる事ができます。さっそく始めてみませんか?