若年性更年期障害の症状

最近よく耳にするようになった若年性更年期障害とは老化により更年期に起こる体調不良などが若い女性でもストレスや過剰なダイエット、運動、不規則な生活などにより20代30代にも起こるということです。女性の閉経前後10年間くらいの間の「更年期」に起こるホルモンバランスの崩れが体調不良になる原因ですがこの症状が若い女性でも増えています。ホルモンの分泌の乱れには個人差がありますが更年期特有の症状が現れることが多いようです。ほてりやのぼせ、発汗や冷え、動悸、息切れ、むくみ、月経不順や頭痛、めまい、不眠や不安感、イライラや耳鳴り、立ちくらみ、憂鬱、肩こりや関節痛、疲れやすい、残尿感、肌荒れが治らないなどの症状があった場合は若年性更年期障害の可能性もあるため要注意です。体調不良というと内科で受診が一般的ですが内科を受診して問題ないようであれば思い切って婦人科で受診してもらいましょう。特に若い女性や独身女性は婦人科というと敷居が高いかもしれませんが女性の体に関しては一番理解してもらえます。例えば月経不順や無月経などの症状はすぐに回復しない可能性もあるため早めに受診しましょう。ホルモンバランスを整え体質改善のために漢方を処方してもらったり食生活や生活習慣を見直すのも一つの手段です。規則正しい生活や適度な運動、栄養バランスのとれた食事や十分な睡眠、ストレスの緩和などに気をつけ若年性更年期障害を予防しましょう。