男性の更年期障害について

最近では、男性の更年期障害も認知されるようになりました。

 

「男性更年期障害」といって、
40〜60歳代の男性にも増加しており、
潜在患者数は600人とも言われています。

 

しかし、症状には個人差があり、余り気にせずに生活できる人と、
重度で生活や仕事に支障をきたす人がいます。

 

男性更年期障害の症状と原因 女性との違い

 

男性の場合は、女性と同様の症状と
男性特有の症状(性機能減退・性欲の低下・ED=勃起不全)があり、
性格的に几帳面で神経質、真面目で責任感の強い人に多く表れます。

 

男性の更年期障害の原因としては、
男性ホルモン(デストステロン)の減少が40歳後半から始まり、
男性ホルモンの低下の原因は、加齢とストレスと言われています。

 

対策としては、ビタミン・ミネラル等バランスの取れた食事で
栄養を十分に摂る食生活の見直しやタバコ
・お酒を控える等があります。

 

男性更年期障害 食事での対処法

 

特に亜鉛を多く摂取出来る食事内容にする事が大切です。

 

亜鉛はホルモンバランスを整え、性ホルモンの合成をサポートし、
精子を作ったり・活発化させる働きがあるので是非摂取して頂きたい
ミネラルの一つなのです。

 

亜鉛を多く含む食品は

 

牡蠣(カキ)・うなぎ・牛肉(もも肉)・チーズ
・レバー(豚・鶏)・卵黄・大豆・きな粉・豆腐・そば・ゴマ・緑茶・抹茶
・カシューナッツ・アーモンド・黒米・赤米などの肉類、魚類、穀物で、

 

亜鉛の一日の必要量は15mg(=牡蠣2つ分)です。

 

食事だけで補えない場合はサプリメントなどを飲むのも良いでしょう。

 

→更年期障害で悩む人に人気の健康食品

 

他には、軽いウォーキング、自分に合ったリラックス法を取り入れ、
相性の合う病院(更年期専門外来)を見つけることが必要です。

 

 

男性更年期障害の兆候・前兆・特徴

 

男性の場合、更年期障害の兆候は下記の通りです。

 

@性欲の低下を感じる。A元気がなくなった。B体力、持続力の低下を感じる。
C身長が低くなった。D日々の楽しみが少なくなった。
Eもの悲しい、怒りっぽい気分がある。F勃起力が弱くなった。
G運動する能力の低下を感じる。H夕食後にうたた寝する事がある。
I仕事の能力が低下したと感じる

 

 

少しでも上記に当てはまる人や体調の変化が見られる人は、
一人で悩まずに病院への受診をオススメします。

 

 

男性の40歳前後は、仕事でも中堅どころであり、
上司や部下に挟まれる立場にある人が多いと思います。

 

また、プライベートでは子どもが成長するにつれ、
新居の購入や学費と経済的負担が掛かる年齢です。

 

公私共に忙しく、ストレスを溜め込む事も少なくありません。
普段から規則正しい生活習慣を心掛けましょう。

 

 

→更年期障害で悩む人に人気の健康食品