更年期障害で暑くて汗が出る症状対策

>>更年期障害の悩む人を救った人気商品<<


 

更年期障害では、女性の場合は女性ホルモンが減少し、
男性の場合は男性ホルモンが減少して、ホルモンバランスが乱れて
色んな症状を来たすのですが、

 

そのホルモンバランスが乱れた場合に影響されるのが「自律神経」です。

 

更年期自律神経

 

自律神経とは、さまざまな器官の見張り役というべき役割をしており、
この機能が正常に働かない状態を「自律神経失調」と言います。

 

自律神経が機能しなくなると、さまざまな器官に、
正常な指令を出せなくなってしまいます。

 

そこで、更年期障害の諸症状が出てくるのです。

 

更年期障害で暑くて汗がでる症状の原因

 

更年期障害になると、暑くてよく汗が出る症状があります。

 

「ほてり」や「のぼせ」=ホットフラッシュという症状です。

 

これは、本来、体温調整がされるべき機能が乱れており、
急に暑くなったり、寒くなったりを繰り返します。

 

この時に出る汗は、サラサラとした汗では無く、
粘りつくような嫌な汗が出ます。

 

この症状は季節問わずに、起こります。

 

自律神経は交感神経と副交感神経が交互に入れ替わるのは、
ご存知でしょうか?

 

交感神経は程良い緊張を保ち、活動する時に働く神経です。

 

一方、副交感神経はくつろいだ状態、
即ち休んでいる状態の時に働く神経です。

 

生理的現象(排泄や睡眠)は、副交感神経が関与しています。

 

しかし、交感神経ばかりが働いていると、心身が常に緊張している状態となり、
気分が高まったままでリラックス出来なくなります。

 

この緊張状態を意識する事はないと思いますが、
寝ている時でも、よく寝汗をかくようになります。

 

更年期障害の暑さ、汗対策

 

この嫌な汗への対策としては、
自律神経の働きを正常に改善していかなければなりません。

 

それには、薬や漢方を用いる事もありますが、
併用して自分で気をつけられる事をするのも一つの方法だと思います。

 

自律神経は自分の意思でコントロール出来ない神経です。

 

そこで、自律神経の乱れを改善する方法として、

 

・規則正しい生活を送ること
・適度な軽めの運動をして汗を流すこと
・栄養バランスの取れた食事を摂ること
・意識的にリラックス出来る

 

時間を作ること等が挙げられます。

 

 

更年期障害になる年代

 

女性ならば子どもに手が掛からなくなった45歳前後を目安に考えます。
男性ならば、社会的地位を築き中堅として働いている真っ最中でしょう。

 

人との関係や経済的にもストレスが掛かる年代とも言えるかもしれません。

 

このストレスを溜め込んでしまう人も多いかと思いますが、
ストレスが常にあるということは、緊張状態が続くわけですから、
精神衛生上良いとは言えません。

 

出来れば、ストレスを抱え込まず、上手に解消する手立てを考える必要があります。

 

難しい厄介な事柄が多い昨今、ストレスのない人などいないと思います。

 

しかし、意識してストレスを回避する術を身に付けるよう、
またストレスを溜め込まないような生活を送るように心がけたいものです。

 

→更年期障害に悩んでいる人がお薦めする人気No1商品