更年期障害 イライラと漢方

更年期障害で何故イライラしたり、不安になったり、眠れなくなったりするのでしょうか?

更年期障害イライラ治し方

 

女性は月経前後・生理不順でホルモンのバランスが乱れると、
感情に関係する脳内物質(セロトニンなど)に影響を与えます。

 

更年期障害の場合は、特に長くホルモンバランスが乱れた状態となり、
自律神経失調を来たし、交感神経が高まっている状態からイライラや
不安・眠れない等の症状が見られます。

 

自律神経失調症という言葉は西洋医学にはなく、東洋医学独自のものですが、
最近の婦人科ではSSRI(セロトニン阻害薬)=抗うつ剤や精神安定剤を処方するのが
一般的になってきました。

 

しかし、SSRIは何種類もあり、合うか?合わないか?個人差でかなり違います。
しかも、飲み始めは吐き気を伴う事から、薬に慣れるまでに何週間か掛かります。

 

その点、東洋医学には自律神経の概念があることから、漢方薬の方が副作用もなく、
安心して飲みやすいでしょう。

 

イライラや眠れない・不安等の症状に処方される代表的な漢方薬に
「加味逍遙散(かみしょうようさん)」があります。
この漢方は他の効能として、虚弱体質で、肩こり、疲れやすい、
時々便秘傾向がある人にも有効です。

 

→更年期障害に悩んでいる人がお薦めする人気No1商品

 

更年期障害のイライラの対処・治療法

 

更年期障害のイライラの対処法として、イライラの原因となる体調不良を改善させる為に、
規則正しい生活リズム・栄養バランスの取れた食生活を心掛けましょう。

 

更に軽いウォーキングやストレッチ等の運動をする事で自律神経を整えたり、
好きな音楽を聴く・散歩に行く・上手くストレスを解消する・ゆっくりお風呂でくつろぐ等などの
ゆとりのある時間を作るように心掛ける事で、イライラの症状も軽くなり、
適度な運動によって心地良い疲労感があり眠れなるようになるでしょう。

 

もし、上記のような対処をしても、イライラや強い不安感・眠れない等の精神的症状で、
家族や周囲に迷惑を掛けてしまう場合は、上記でもお薦めした
漢方系健康食品をお薦めします。

 

→更年期障害に悩んでいる人がお薦めする人気No1商品

 

自律神経は自分ではコントロールできません。

 

従って、薬や漢方薬に助けてもらいながら、サプリメントも視野に入れて、生活習慣を見直すのも重要でしょう。

 

特に少々のアルコールは良いですが、タバコに関しては緊張を高める働きがある為、
百害あって一利無しと言われるように、体調管理には控えるようにしましょう。

 

女性も男性もですが、更年期障害を軽くする為にも、普段から規則正しい生活習慣と食生活に
気をつけることが大事です。

 

 

→更年期障害に悩んでいる人がお薦めする人気No1商品