更年期障害に漢方がお薦めの理由 治療薬の副作用

更年期障害に漢方や薬が使われる理由は、どうしてでしょう。

更年期障害漢方薬

 

更年期障害は、卵巣の機能が衰え、女性ホルモン「エストロゲン」の量が減少する為に、
ホルモンバランスが乱れにより心身の体調が悪くなる諸症状が出てきます。

 

その症状の度合いは軽度のものから、重度のものまで個人差があります。

 

ホルモンの減少を補い、さまざまな症状を少しでも緩和させる役割が治療薬や漢方です。
*病院では即効性が高い治療薬が主に使われます。

 

更年期障害の治療に使われる薬は、一般的には卵胞ホルモンの治療では、
HRT(ホルモン補充療法)=ホルモン注射・飲み薬・貼り薬・ジェル剤の4種類があります。

 

黄体ホルモンの治療には、飲み薬と子宮内挿入型の2種類があります。

 

黄体ホルモンは、子宮内膜の増殖を防ぎ、子宮体がんを予防する目的で使用し、
手術で子宮を摘出した人には使用しません。また、

 

処方はじめの3ヶ月間は黄体ホルモンなしでも子宮内膜に影響しないことがわかっています。

 

その他、精神的症状には抗うつ剤や抗不安薬(精神安定剤)が併用して、
処方されることが普通です。

 

更年期障害治療薬の副作用について

 

この薬に関しては、個人差はありますが大なり小なり、副作用があります。

 

特に精神的症状で出される
抗うつ剤は合う合わないがはっきりしている上に、薬に慣れるまで気分が悪くなったり、
吐き気があったりという人もいます。          

 

これらの副作用を嫌う為、
ホルモン剤や抗うつ剤を飲みたくない人も多く、体に優しい漢方薬や健康食品を
服用される方も多くいます。

 

通常の薬より漢方薬の方が、即効性はやや劣りますが、それぞれの症状にあった薬を
調合してもらうことも可能ですし、副作用も出にくいという利点があります。

 

 

漢方薬では、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・加味逍遙散(かみしょうようさん)・
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の3種類が主な既存の漢方薬です。

 

 

更年期障害の症状の原因には、ホルモンだけでなく、自律神経失調症も
関係しています。

 

本来、西洋医学には「自律神経」という言葉はありません。

東洋医学で使われている言葉です。

 

 

 

このことから考えてみても、西洋医学の薬のみに頼るより、
東洋医学を取り入れた薬と漢方薬の併用、若しくは漢方薬のみの
治療を行う事が理想的だと言えるでしょう。

 

また、漢方薬や薬、サプリメントだけを頼らず、バランスのとれた食事や
軽い運動、規則正しい生活リズムを意識する事も大切です。

 

 

自分に合った治療と生活リズムを取り入れて、少しでも辛い更年期障害を乗り越えましょう。

 

→更年期障害に悩んでいる人がお薦めする人気No1商品